ウェブチラシ
サポート

NISHIKYUSHU SUBARU西九州スバル

インフォメーション

2・2・3=富士山の日〜富士山とSUBARUの意外な関係

2019.02.23 お店のつぶやき カースポット佐賀
堂々たる日本一の山、富士山。

今日は2月23日、「ふ(2)じ(2)さん(3)」(富士山)の語呂合せと、この時期、富士山がよく望めることから富士山の日とされています。
積雪のあるこの時期は一合目駐車場までしか行けない可能性が高いですが、富士山を大きく見るには十分。雄大な富士山を眺めれば、思わず寒さも忘れてしまうかもしれませんね。
 
ところで、クルマで富士山へ向かう際、多くの人が使うであろう、富士スバルライン。富士山五合目までクルマでいける便利な道路ですよね。実は、この富士スバルラインとSUBARU、名前が同じというだけではなく、浅からぬ縁があるんです。
 
富士スバルラインが開通したのは東京オリンピックと同年の1964年。名称は一般公募で最も多かった「スバル 」が採用されたのだそう。開通式典には政府関係者、山梨県関係者とともに当時の富士重工業副社長が出席し、スバル360によるパレードランが行なわれました。
 
2014年と2016年には、SUBARUから富士スバルラインを運営する山梨県道路公社富士山有料道路管理事務所へ、SUBARU XVハイブリッドやフォレスター X-BREAKをパトロールカーとして寄贈したほか、毎年、富士スバルライン周辺や五合目の登山道の清掃にSUBARUの社員が参加しています。
 
富士山を見かけたり、富士スバルラインを走ったりする機会がありましたら、SUBARUとの縁を思い出していただけると嬉しいです。


 

News & Topics

ニュース&トピックス

どんな情報をお探しですか? subaru