ウェブチラシ
サポート

NISHIKYUSHU SUBARU西九州スバル

インフォメーション

【長崎時津店】☆信頼できるパートナー☆

2018.11.02 お知らせ 長崎時津店
こんにちは。
西九州スバル長崎時津店です。

11月に入り、風も冷たくなってきましたがお身体は崩されていませんか?
体調管理には十分に気をつけていきましょう!

SUBARU月刊誌「カートピア11月号」が届きました。
いつも愛読いただき、誠にありがとうございます。

今回も今月号カートピア内の1文を紹介させていただきます。

~ 緊張感を伴う緊急走行時
  最も大切なのは「運転視界の良さ」 ~

公益財団法人献血供給事業団 供給部供給課主任 福田 光さん にお話しをいただいてています。



ボディサイドに大きく「BLOOD(血液)」とプリントされたアウトバック。
このクルマの役割は赤血球製剤、凍結血漿、血小板など、
輸血用の血液製剤を医療機関に確実に届けること。
緊急手術時の出動要請にも対応するため、365日24時間体制でスタンバイしています。


☆信頼できるパートナー☆

「私が緊急車両として一番重要詩しているのは、周りの確認がしやすいかどうか、視界が良いかどうかということです。また、どんな状況でも思った通りに運転できるクルマであれば、安心して操ることができるので疲れのたまり方も違ってきます。」

走行時の安全を重視する献血供給事業団では、優れたセーフティサポートを有した車両を新たに導入することに決定。アウトバックに白羽の矢が立った。
これまでに何台かのクルマを仕事の相棒として乗り継いできた福田さんに運転した印象を聞いてみた。

「最初の印象は運転席に座った時に大きさを感じないということです。特に左前方の車幅感覚がつかみ易く、意外とコンパクトなクルマなのかなと思いました。」

緊急車両として福田さんが最も重視している運転視界についてもアウトバックは十分な合格点を得た。
アウトバックは、命をつなぐための新たなパートナーとして、福田さんの信頼を獲得することができたようだ。

News & Topics

ニュース&トピックス

どんな情報をお探しですか? subaru