ウェブチラシ
ウェブチラシ
サポート

西九州スバルNISHIKYUSHU SUBARU

インフォメーション

【唐津店】jimotoを知ろう唐津の地理・歴史

2021.05.01 お店のつぶやき 唐津店
みなさま!いかがお過ごしでしょうか。スバル唐津店です。
若葉を渡る風が、さわやかな季節を運んでくれるような気が致します。
さて4月も終わり、GWですね、すでに、行楽のご予定などされているのではないでしょうか。
コロナ過でせっかくのお出かけをキャンセルされた方も、、、、
そんな今こそ!! 地元を知り、地元を深訪などいかがでしょうか。地元への理解を深める、
地元愛を育むいい機会と捉えて。
我らが唐津の地理と歴史について、古代に焦点を当ててご紹介をと思います。
末虚国 『魏志倭人伝』に初めて登場したクニ
「末虚国」とは、中国の晋の時代、陳寿(233~297年)の選んだ「三国志」の一つである「魏志」の東夷伝
・倭人の条、いわゆる「魏志倭人伝」に初めて記載された国名です。
「魏志倭人伝」は帯方郡から卑弥呼が治める邪馬台国に至る記事を載せていることで知られていますが、
九州本土の最初の国が「末虚国」なのです。「末虚国」については、「一大〈支〉国〈=壱岐〉
また海を渡る千余里、末虚国に至る。四千余戸あり。山海に浜うて居る。草木茂盛し、行くに前人を見ず。
好んで魚鰒を捕らえ、水深浅となく、皆沈没してこれを取る」とあります。
「末虚国」は弥生時代の唐津・東松浦地方を示す地名で、唐津平野一帯がその中心とされています。
末虚は「まつろ」と訓みますが、もちろん「まつら」に通じるもので、すでに弥生時代に
「まつろ・まつら」の名があったことが「魏志倭人伝」によって知ることができます。
それよりも数世紀遅れて国書でも「まつら」が出てきます。「国造本記」には「末虚国」と表記され、
国造矢田稲吉の名が出ています。
「古事記」の仲哀天皇の頃に神功皇后の新羅出兵にふれて「筑紫の末羅縣の玉島里」が出ています。
さらに「肥前風土記」では、神功皇后の鮎釣り伝説を載せ、この国を「希見国」といい、今松浦に
なまったとしています。これと同じ伝説が「日本書記」にもあり、それには「梅豆邏国」となっています。
いづれにしても「まつろ・まつら」の名は非常に古くから定着していたことがわかります。
「末虚国」の中心地と推定されているのは、弥生時代中期(紀元1世紀ごろ)の宇木汲田と柏崎を含む一帯です。
宇木汲田遺跡からは多くの甕棺のほか、銅鏡や銅剣、銅矛、勾玉など、また柏崎遺跡からは、
現在、東京国立博物館に所蔵されている触角式有柄銅剣が発見され、権力者が存在したことがうかがわれます。
それが弥生時代後期になると、中心地は桜馬場周辺に移ったと推定されます。桜馬場遺跡では一つの甕棺から
方格規矩四神鏡(国指定重要文化財)など銅鏡2面のほか多数の遺物が出土し、市教育委員会はこの甕棺を王墓と
認定しました。卑弥呼が邪馬台国にいた時代の末虚国の中心が桜馬場周辺と考えると、古代史のロマンが大きく
広がる感じがしませんか。~唐津探訪・「唐津検定」公式本より

西九州スバル㈱唐津店では、毎日(店休日除く)試乗、VR試乗会行ってます。試乗だけでも大歓迎です!!
最新のスバル車で唐津の町を走ってみませんか。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

     

 

News & Topics

ニュース&トピックス

どんな情報をお探しですか? subaru